けんけんぱっぱブログ

主に読んだ本の感想を述べています。たまに謎の呟きも...?

さあ、才能に目覚めよう Strength Finder 2.0 を読んでみた

 どうもみなさんこんにちは。突然ですが皆さんは自分がどんな才能を持っているかを説明できますか?そしてそれ(それら)をどこでどのようにして発揮していますか?今回は「さあ、才能に目覚めよう ストレングス・ファインダー 2.0」を読んだのでそちらを皆さんにご紹介させていただきます。

 


さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0

 

どんな本なの?

 この本では、自分がどんな才能(資質)を持っているのかが分かり、その才能をどのようにして開花させることができるのか、どのような人と付き合うことでよりその才能が発揮されるのかについて書いてある本です。34ある資質の中からトップ5を見つけ、その資質に対する具体的な行動アイディアが書かれています。一言で言うと、自分を知るための本です(笑)

 

本のカバーを取ると...

 

f:id:k0e5n2g2o-iwata:20171217192114j:plain

 

 なんと自分のトップ5の資質を書くことのできる欄が用意されています(字が汚いというのは言わないでいただきたい(笑))。これなら忘れることなくいつでも思い出せますね。

 

こんな人におすすめ!

 個人的に就活が迫っているということもあり、自己分析のために購入したのですが、そういった就職活動のためであったり、何か物事を一緒にこなすために、どんな資質を持った人と付き合えばうまくいくのかということを知るため、或いは他人の資質を探す手がかりを持つため(例えば、両親が子供の資質を見出すためなど)という目的がある人にお勧めできる本です。

 

この本を買う際の注意点!

 この本には以下の写真のように、「アクセスコード」が付いていて、そのサイトに行くと、テストを受けるためにこの「アクセスコード」が必要になります。

 

f:id:k0e5n2g2o-iwata:20171217192120j:plain

 

ですので、中古本を買う方は必ずチェックすることをお勧めします。というのも、この「アクセスコード」は一度しか使えないからです。買った後に後悔...ということがないように気をつけましょう。

 

サイトのテストの結果は英語...だと...?

 実際にテストを受けてみました。テストと言っても特に難しいものではありませんでした。スタイルは五段階(左から順に、ぴったり当てはまる、当てはまる、どちらとも言えない、当てはまる、ぴったり当てはまる)の中から自分に当てはまる場所を選び、チェックするというものです。両端には「私は○○である。」「私は××である」というものがあり、○○のほうが自分に近いと思えば、左側の方にチェックを入れ、××のほうに近いと思えば右側の方へチェックを入れ、どちらでもないと思えば真ん中にチェックを入れるというものです。全部で100問以上はあったと思います。

 また、このテストは回答時間はたったの20秒なので考えている時間はほとんどありませんでした。これは、自分の中で最初に思いついた答えが潜在的に自分の本当の答えで、時間が経てば経つほど考えが変わってしまうからだそうです。

 もちろんすべての言語に対応していたので、日本語でテストに臨みました。問題はその後でした...。

 

f:id:k0e5n2g2o-iwata:20171217192044j:plain

 

 えっ...答え全部英語じゃん...。全部翻訳するの時間かかるからあとでいいかぁ…と思い、先に本を読み始めたところ、なんと、本に書いてあることとテストの結果に書いてあることは全く同じでした(笑)ですので、英語が分からなくても問題ないかと思われます。

 

実際に読んでみて

 資質に関するすべてのページは以下のような構成になっていました。

その資質を持つ人はどのような人か→実際にその資質を持つ人からの声→具体的にどのような行動をとればいいのか→その資質を持つ人との付き合い方

 私はこの本をすべて読んだわけではありません(おいっ(笑))というのも、私がこの本を読んだ理由は自己分析のためで、現段階ではとりあえず自分にどんな資質が備わっているのかを把握できるだけで十分だったからです。もしこれが他人と付き合うという目的で読む場合や、単純にそれぞれの持つ資質がどんな特徴を持つのかという知識を得るという目的で読むのであれば、全て読む必要があるかもしれませんが、私の場合は自分の持つ資質さえ知ることができればとりあえずは十分かなということで、自分のトップ5の資質の欄しか読んでいません。ただ、読んでみて一番良いと思ったのは、その資質が単にどのような人かという描写だけでなく、その資質を持つ人はどのような仕事が向いているのか、その資質を向上させるために普段からどのようなことを行えばいいのかといった具体性に富んだ内容だったという点です。

 


【送料無料】 さあ、才能に目覚めよう ストレングス・ファインダー2.0 / トム・ラス 【本】

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?個人的には具体的な行動に関してアドバイスがあるあたりが非常に当たりと言える本だったかなと思います。資質を見つけた今がスタート地点なので、これからその資質をさらに向上させていこうと思います。皆さんも興味があれば是非読んでみてください!

 ではっ(`・ω・´)ゞ