読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

有吉さん好きおすすめ!「現代用語のクソ知識」

 どうも皆さんこんにちは(^^)/

 

 みなさん有吉弘行さんという方を知っていますか?おそらく知っている方は多いと思います。今では様々なテレビ番組で活躍しているだけではなく、ツイッターのフォロワー数は約650万人(2017年2月現在)と日本人のフォロワー数の中では断トツ一位です。また、サンデーナイトドリーマーというラジオ番組もやっておられます。(分かる人には分かるかと思いますが、私はゲスナーの一人です(笑))

 

どんな本だった?

 

 さて、有吉さんの簡単な紹介が終わったところで、どんな本だったのか紹介します。一言で言うならば、「本の中にいつもの有吉さんがいた!」って感じです(笑)。どういうことかと言いますと、有吉さんの特徴、それはなんと言っても毒舌です(管理人は有吉さんのここが好きです)!ただ悪口を言うというわけではなく、絶妙に面白いところがいいです。また、有吉さんのラジオを聴いている方は分かるとは思いますが、あっち系のワードをバンバン使います。苦手な方は聞かないことをお勧めします(笑)。以上の二点がしっかりと詰まった一冊となっていて、あっという間に読み終えてしまいました。有吉さんのことが好きな方、私の拙い文章で呼んでみようと思った方、双方にお勧めできる一冊です。

 

個人的に好きだった部分

 

 ここからは見ることで気分を害する方もおられるかもしれませんので、ご自身で判断をお願いいたします。

 

 

 

 

 

 良いですか?

 

 

 

 

 

 有吉さんは他人が一生懸命作った手料理が嫌いです。以前に、テレビ番組で有吉さんの楽屋に女性の方がバレンタインデーのチョコを渡すというものがあったのですが、その場で受け取りはしたものの、そのチョコを放り投げ、一口も食べることなく終わりました(笑)。また、今回紹介している本の中に、「キャラ弁」という項目があり、そこで有吉さんはキャラ弁のことを「キャラ弁の汚さったらない。手でこねくり回して。」と批判していました(笑)。「クソガキが適当に作ったようなメシを食わされるのが一番嫌い。」とも述べていました(笑)。本当にそういうことを思っているのかどうかはっきりとは分かりませんが、管理人は有吉さんのこういうところが好きです(^^;

 

まとめ

 いかがだったでしょうか?今回は少し息抜きという感じで本を読んだのですが、さすが有吉さんともいうべきでしょうか、程よい息抜きとなりました。しばらくはちゃんとした本(有吉さんに失礼ではないか?)や、生活で使えるような実用的な本を読んでいこうと思います。では(`・ω・´)ゞ